便秘とオリゴ糖の関係

便秘にはオリゴ糖が良いと言われています。その理由はオリゴ糖には腸内環境を整える働きが期待されているからです。オリゴ糖は腸内で働くビフィズス菌の栄養分となる糖分です。これを摂取する事で腸内のビフィズス菌を増やし、便秘解消を狙います。オリゴ糖は糖分の一種です。糖分には単糖、2糖、オリゴ糖、多糖など種類があり、単糖が3個以上くっついたものがオリゴ糖と呼ばれています。しかし明確な定義はなく、人によっては単糖が2個くっついているものでもオリゴ糖と呼ぶ場合があります。

オリゴ糖オリゴ糖の特徴は虫歯になりにくい低う蝕性、低エネルギーの低消化性、整腸作用、ミネラルの吸収促進と、便秘だけではなくダイエット、健康の面からも注目されている糖分です。

オリゴ糖は糖分の一種ですから、甘味があります。そのため健康促進を理由に砂糖の代わりに利用している人も多くいます。しかし砂糖よりも甘味は少ないので、つい入れすぎてしまう事もあります。それでは結局カロリーオーバーになってしまうので、注意が必要です。しかし過剰摂取をしなければオリゴ糖は便秘解消にも効果的とされていますから、利用する事で慢性化していた便秘が改善される可能性もあります。

オリゴ糖の便秘解消効果として特徴的なのは、便秘薬を飲んだ時のようにお腹が痛くなる便秘解消ではない点です。オリゴ糖の効果の一つに整腸作用があります。これは腸の働きを正常に戻す事で、排便を促す効果です。体本来の力を引き出すよう働くので、お腹が痛くなるといった不自然な排便にはなりにくいと言われています。